2018/06/23

素晴らしい考察

(^^)→手作り教材サイト

(^^)→ヴィンヤード教室HP 

★夏の体験レッスンと集中講座を受付中です。

2018


本日小学クラスでの会話です。Aは言いました。

「ティーチャー、日本語にも平仮名、カタカナ、漢字があるでしょ。

英語ってこれにそっくりだね」

「??う、うん。どういうこと??」

「だって平仮名は大文字で、カタカナは小文字でしょ。

そして漢字は平仮名だけの文字を省略することができるじゃん。

『しんぶんし』っていう五文字を『新聞紙』っていう3文字に。」

「なるほど~~」

「英語だって、『What is this?』っていうのを『What's this?』に書けるもんね」

これはすごい観察力!

決してその通り!とは言い難いですが、Aの中では

英語と日本語との、不思議なつながりを発見した瞬間でした。

おそらくこれ以降、Aの学習スピードは格段に上がっていくでしょう。

何しろ、自分で見つけ出したルールなのですから。

Ddd


F


午後のレッスンは、1人きりになったBがが、フォニクスポケットを使って

アルファベットの音を確認しております。また

大量の書き取りページではありますが、1ページ進むごとに〇○をあげる、

ゲームをする、というモチベーションを与えつつ書き進んでおりました。

余裕のピースサイン...

2018/06/21

夏の講習チラシ

(^^)→手作り教材サイト

(^^)→ヴィンヤード教室HP 

★夏の体験レッスンと集中講座を受付中です。

2018


先日より、上記のお知らせが地域の各家々に配布されました。

早速申し込んでくれた高校生がおります。

4日間、しっかりサポートさせていただきますので

よろしくお願い致します。

続けて、体験入会者も受付中です。

2018/06/20

英検合格です

(^^)→手作り教材サイト

(^^)→ヴィンヤード教室HP 

★夏の体験レッスンと集中講座を受付中です。

2018


英検の合格結果を携えて、中学生高校生たちがやってきました。

とくに受かってるとは思っていなかった高校生たちのリアクションが

とても楽しいですね。

ですが…

彼らの次の関門は面接試験です。

2コマ&3コマのイラストを説明し、そして咄嗟に与えられる

お題に対して、理論的な理由を思いついて、もちろんそれを

英文で答えなければいけません。

大変そうですが、練習あるのみ。

「Ifを多用するんだよ」

「とにかく主語(You, They)と動詞(すぐにis とか are を言わない)を

をはっきりと言うこと」

来週ももう一度練習しましょう。

2018/06/18

我先にと

(^^)→手作り教材サイト

(^^)→ヴィンヤード教室HP 

★夏の体験レッスンと集中講座を受付中です。

2018


今日は暑かったですね。

1週間ぶりにエアコンをつけてレッスンをしました。

小学3~4年生くらいからは、いつもの「Who am I ?私は誰でしょう」のクイズを

英文を大きく拡大してホワイトボードに見せてクイズを出しております。

そして4~5年生からは、小さなカードに書いてある英文が読まれるのを聞いて

答えを当てさせるようにしております。

が、今日はAが

「ティーチャー、今日はオレが読むね」

と言うなり、私の手にしていたクイズカードを取って、

「いや、俺が読む」

「だったら俺も読ませて」

35521475_10216924574049241_39034830

しめしめ......ですね。

彼ら自身が英文を読んで、その他の子が当てる...というはずなのですが

みんながみんな、我先にと英文を読み上げて、自分が当てようとしております。

ちなみにカードのクイズ英文は

I am very.

I am very high.

I am a symbol of Japan.

I am a mountain.   (答え)富士山

でした。

楽しく英文を読もうとする。最高ですね。

2018/06/16

いろいろ土曜日

(^^)→手作り教材サイト

(^^)→ヴィンヤード教室HP 

長くフレーズ練習をしてきたど子供達。

want to

like to

have to

sometimes

などから、学び果てた先は

on weekend

every year

in winter

まで、およそ40フレーズ程を習得しています。

なので、今回はフレーズのみを載せて、

35348807_10216904161018928_79663356
「I ...... on weekend.」

「I.... in winter.」

「I ... in the afternoon.」

をオリジナルで文章を作ってもらいました。最初はできないできない、と

言っていた彼らですが、

「えっと~... I make 雪ダルマって何て言うの?snowman.  I make snowman in winter.」

と、自らのセンテンスを完成させていきます。

これも英語を自分のものにする瞬間ですね。

小1クラスでは、ワードを完成させるアルファべットチップ並べです。

500以上ものチップを削り出すのは大変でしたが、

どのクラスでも一度はハマってくれる、とっても重宝するアクティビティです。

35462858_10216904160218908_50016759

数年前に卒業したAが、来校してくれました。

大学での英語のスピーチを指導してほしいということなので、

彼女が持ってきたボイスレコーダーに、イントネーションとストレスを強調した

スピーチを録音してあげました。

思い起こせば、小6から学び始めて、現在は4年生だそうです。

時の流れは速いですね。

«思わぬところから